スクラムとカンバンの違い

アジャイルとは、プロジェクト管理とソフトウェア開発の一手法で、大規模で複雑なプロジェクトを管理しやすい小さなかたまりに分解するというインタラクティブなアプローチです。 多くのソフトウェア開発において、プロジェクトの速度を上げるためにアジャイルの手法が使われています。 “スクラム”と“カンバン”は、アジャイルでよく使用される一般的なフレームワークです。以下でその違いを見てみましょう。

Photo by Mark Fletcher-Brown on Unsplash

スクラム(Scrum)

  • チームにおける役割:
    • プロダクトオーナー、スクラムマスター、チームメンバーで構成
  • 時間管理:
    • スプリントと呼ばれる事前に決められた時間枠(通常2〜4週間)で運営
  • タスクボード:
    • タスクボードの列にはワークフローの期間を反映するような項目を記載(例:概要、開始前、進行中、完了など)
  • 適したプロジェクト:
    • スクラムは、複雑な作業を開発、提供、および維持するためのフレームワークです。 スクラムは、複雑な作業を小さな、管理可能なタスクに分解します。タスクは、スプリントと呼ばれる所定の時間枠の間に、必要な能力をひととおり備えたチームによって実施、完了されます。 各スプリントの期間は通常2〜4週間です。スクラムを採用すると、開発チームは突然の変更に対しより機敏に対応できるようになるため、要件が急に変わる可能性のあるプロジェクトに適しています。

カンバン(Kanban)

  • チームにおける役割:
    • 各メンバーに固定の役割を割り当てない
  • 時間管理:
    • 時間枠を設定せず、タスクの優先順に実施する
  • タスクボード:
    • タスクボードの列にはワークフローの状況を示すラベルを付け、併せて、同時に処理可能なタスクの最大数も表示する。
  • 適したプロジェクト:
    • カンバンは、現在のプロセスを徐々に変更していくことでも適用可能なプロジェクト管理ツールです。 スクラムと同様に、カンバンは複雑なプロジェクトを管理可能なタスクに分解し、カンバンボードを使用してプロジェクトの進捗状況を可視化します。 スクラムが特定の作業量を達成するために投入される時間を制限するのに対し、カンバンはワークフロー内のセグメント毎に投入される作業量を制限します。 あなたのチームでプロセスの視覚化と最適化が必要な場合は、カンバン手法が適しています。

スクラムとカンバンのどちらを採用するか

スクラムもカンバンも、さまざまなプロセスとテクニックを管理するためのフレームワークです。 どちらのフレームワークでも、プロセスを視覚化して効率を上げることができますし、どちらか1つの方法しか使えないという訳ではありません。実際、両者を合わせたスクラムバン(ScrumBan) というフレームワークもあります。また、プロジェクトの成功のために必要な原理原則は他にもあります。まず最初にあなたの開発プロジェクトにおけるビジネス要件をよく理解した上で、プロジェクトに適したアジャイル方法論を選んでください。